子犬のトイレのしつけ|基本の基本と失敗したとき飼い主の対処法とは?

子犬のトイレのしつけ ペット

犬や猫を家の中で飼うとき、一番最初の難題がトイレのことです。

家の中でところかまわず糞されてしまうと困ります。そのためには飼い始めたばかりの子犬に、できるだけはやくトイレの場所を覚えてもらいたいものです。

そこで、子犬のトイレのしつけについてまとめました。

子犬のトイレのしつけのポイント

まず、ドッグトレーやステップトレー、ペットトレーなどのトイレの設置場所に注意することです。必ず落ち着く場所を選びましょう。

その場所で排泄が上手くできたらほめ、失敗したら無視します。トイレシーツを使い、広めに敷き、だんだん特定の場所に狭めます。

はじめはトイレがなかなか上手くできないでしょうが、飼い主が辛抱して教えてください。

トイレの設置場所は気持ちが落ち着くところに

犬のトイレの設置場所には気を配ってあげましょう。

トイレが、寝床や食事スペースに近い場所だと、犬が不快に感じます。それに、玄関など人の出入りが多い場所も落ちつかないので避けてください。

犬が嫌がる場所にトイレがあると、あえて別の場所で排泄を繰り返すようになります。無防備な体勢でも安心できるところに設置します。

トイレ最初の一歩

クルクル回ったり、床の匂いを念入りに嗅ぎ始めたとき、それが子犬が尿意を催しているサインです。それが飼い主には「トイレのしつけ」のチャンス。

子犬を抱きかかえてもよいので、正しいトイレの場所に連れていきます。そのとき、子犬の下半身をトイレシーツでおおいながら運びます。

ただ、お腹をおさえてしまわないように気をつけましょう。なぜなら緊張からせっかくの尿意に待ったがかかってしまう恐れがあるからです。

無事に排泄が済んだら、正しい場所でトイレができたことを成功体験として記憶させるため、飼い主がおこなう決まった行動があります。

  • 「よくできました」とやさしくほめます。
  • 子犬が喜ぶ遊びにつき合ってあげます。

正しい場所でトイレができるたびに、このことを繰り返します。

特定の場所で排泄することが、「チヤホヤされて楽しくなる」ことと関連付けられ、子犬の記憶に焼きつけられます。

トイレが上手くできなかったときの飼い主の対処法とは?

子犬の尿意や便意を察知してトイレに連れていくことが毎回できません。

はじめところ構わず粗相をしてしまうかもしれません。本当は、自分でトイレに行こうと思っていたのに、間に合わなかった可能性もあります。

こんなときには、子犬になにも言わずに片付けます。ドッグトレーやトイレシートのない不特定な場所で排泄すると、「無視されてつまんない」と子犬に思わせましょう。

まとめ

子犬がドッグトレーなどのトイレの場所を覚えるまでは、粗相し片付けが大変です。

最初、トイレシーツを広範囲に敷いておきます。粗相が少なくなってきたら徐々にトイレシーツを範囲を狭めていくようにしましょう。

これでトイレシーツは、「排泄してよい場所」と覚えるようになります。トイレシーツに排泄する習慣がついてくれば、よその家やペット同伴ホテルにも連れていくことができます。

子犬のトイレのしつけは時間がかかるかも知れません。子犬がトイレのしつけを覚えるまで長い目でみて根気よく続けてください。

タイトルとURLをコピーしました